• 選考方法が面接のみ

是常精工株式会社

業種:メーカー(機械)

本社所在地:兵庫県加西市資本金:5,000万円売上高:55億円(2017年3月期) 従業員数:195名
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2018/09/13

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 会社説明会
ホームページリンク 是常精工株式会社HPはこちら

巨大な建設機械や産業用ロボットを動かす。大手から厚く信頼される油圧機器メーカーです。

工事現場で活躍するショベルは、油圧の力で動いています。

是常精工は、1969年、当時まだ珍しかったNC(数値制御)工作機械をいち早く導入し、創業しました。以来、常に最先端の技術と設備を取り入れながら、人の体にたとえるなら、筋肉にあたる油圧シリンダー、心臓にあたる油圧ポンプ、減速機などを主につくっています。

設計開発部門も自社で設け、設計から製造まで一貫生産できる体制を構築。
小型から大型まで幅広いラインナップを取り揃え、その開発力や品質の高さは国内外の大手メーカーからも高い評価を得ています。

また、時代のニーズに応じ、油圧で培った技術やノウハウを活かして、産業用ロボットの部品分野へも進出。

ベトナム・バクザン省にも製造拠点を構え、グローバルに事業を展開するなど、新たなフィールドに挑戦し続けています。

巨大な建設機械を動かす筋肉をつくっているのが私たち是常精工です。
それらは見た目からは想像もできないくらい精密であり、社員一人ひとりの夢とこだわりによってつくりあげたノウハウと技術力が詰め込まれています。

産業用ロボットと聞くとあまり馴染みがないかもしれませんが、今後発展していくと予測される業界に、弊社も参入。ロボット部品を手掛けています。

企業理念 当社には3つの経営理念があります。
(1)豊かな未来へ挑戦しよう
(2)顧客第一の精神に徹しよう
(3)自己革新をはかろう
今後もこの3つの理念を念頭に置き、事業活動を通じて社会への貢献と、社員の幸福につながるよう取り組んでまいります。
成長性ある企業 建設機械・産業機械を主な事業分野とし、創業来培ってきたノウハウと、先進的技術に裏付けされた「高品質」・「高精度」・「高機能」の製品を世界中に提供し、顧客・社会の可能性を切り開く企業を目指す。また既存事業だけでなく、新製品の開発にも積極的に取り組み、事業環境の変化にも柔軟に対応できる企業を目指していきます。
事業内容 油圧ショベル等の建設機械に使用される油圧シリンダー、油圧ポンプ、減速機のほか、産業用ロボット部品を製造するメーカーです。当社は設計から生産にいたる全てのプロセスに高い技術を持ち、その結果、顧客である国内外の大手メーカーから確かな信頼を得ております。
本社所在地

〒675-2113

兵庫県加西市網引町2001−44(加西南産業団地内)

TEL : 0790-49-3232    FAX : 0790-49-3255

大きな地図で見る

事業所 ■加西南第一工場(兵庫県加西市網引町2001-44)
■加西南第二工場(兵庫県加西市網引町2001-61)
■西横田工場(兵庫県加西市西横田町211)
■技術開発センター(兵庫県加西市網引町2001-62)
■ベトナム工場
設立 昭和44年4月
代表者 代表取締役社長 是常克博
資本金 5,000万円
売上高 55億円(2017年3月期)
業績推移 49億円(2016年3月期) 52億円(2015年3月期) 49億円(2014年3月期)
従業員数 195名
平均年齢 36歳
平均勤続年数 20年
主な取引先 キャタピラージャパン株式会社
三菱重工業株式会社
三菱農機株式会社
川崎重工業株式会社
コベルコ建機株式会社
クボタ株式会社
ヤンマー建機株式会社
株式会社不二越
センクシア株式会社

職場では先輩や上司に分からないことを質問しやすい環境になっておりますので、不安を感じる心配はありません!

社内で定期的に改善会議を行い、代表者が発表します。役員も含め全社的に参加し、品質・技術向上を目指す取り組みを行っています。

問い合わせ先 是常精工株式会社
統括本部  水田
E-Mail susumu_mizuta@koretsune.co.jp
交通機関 加西南工場:JR加古川駅 車 15分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 会社説明会
ホームページリンク 是常精工株式会社HPはこちら
是常精工にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
医療・介護・福祉・保育のプロフェッショナル集団として、地域のみなさまのお役にたてるグループを目指しています。
1958年、姫路に小さな町工場が誕生しました。
日本産業を根底で支える縁の下の力持ち、シェア90%。
“ものづくり”の技術的な課題解決を支援する技術集団

このページのトップへ▲