お知らせ

株式会社水登社 (パイプや配管の設計・製作)

業種:メーカー(機械) / メーカー(プラント・エンジニアリング)

本社所在地:兵庫県神戸市資本金:9,950万円売上高:43億円(2016年度実績)従業員数:215名
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 総合職
  • 外国語
  • 留学生可
  • 最終更新日:2017/05/29

興味を持ったらすぐにアクション!

インターンシップ情報
ホームページリンク ホームページはこちら!

私たちは、モノとモノをつないで機械に命を吹き込む「パイプ」のプロ集団です!

水登社の創業者である平井登には少年時代からの2つの夢がありました。
1つ目は「自分の手で船を作りたい」という夢。2つ目は「独立して自分で事業を興したい」という夢。
まず1つ目の夢を叶えるために、学校卒業後は造船会社に入社しました。そこで担当したのが大型船舶用のパイプ溶接加工の仕事。自分の大好きな船づくりに関われる喜びを噛みしめながら、無我夢中で仕事をし、技術を磨いていきました。

そして、自身の技術にも自信がつき、2つ目の夢に挑戦するため、1938年に平井工作所を創業。船舶や水道などの配管から事業をスタート。
水登社は、それ以来パイプのプロとして78年以上の歴史を刻んできました。
現在では建設機械用油圧配管の設計・製造・本体組立をはじめ、発電プラントの油圧配管の設計・製造からユニット装置組立まで幅広く事業を展開。当社の製品は、油・蒸気・冷却水といった、様々な形態をしたエネルギーを伝えるため、あらゆる分野で採用されています。

「パイプは人間でいうと血管や。生命を司る大切な仕事や。それにパイプは何でもつなぐ、人と人もつなぐ。この仕事に誇りを持ち、感謝せなあかん」
創業者の口癖であり、創業79年以上が経過した今も、この精神が水登社のDNAとして脈々と受け継がれています。

建設機械用パイプを加工する際に用いるロボット溶接機。最新鋭の技術で弊社の生産効率・品質を支えてくれています。

建設機械・プラント用パイプの自動塗装設備。ムラなく均一な塗装が可能で、製品は見た目にも美しい仕上がりとなります。

企業理念 “Your success is our business”
私たちの合言葉です。
水登社は、お客様のニーズを実現するため、製品の設計から加工に至るまで卓越した機械技術、最新のテクノロジーを追求しています。また、従来の技術・手法にこだわらず、常に将来を見据えた新しい方法を取り入れています。そして、お客様が必要とする快適さと確かさを実現する為に、喜んでお役に立ちたいと考えています。
国内5工場に物流センター、さらに中国の無錫工場・常州工場を加えた広範なニーズに対応できる生産体制を土台に、「サービス」「クオリティ」「グローバル化」を当社のキーワードとして、お客様にとっての「より大きなサクセスのご提供」をはかってまいります。
将来ビジョン グローバル販売網を構築して世界の需要に応えます!

当社が2002年に中国・無錫に工場を開設したのは、コストを抑えるための量産化拠点だけではなく、中国市場獲得も大きな目的でした。
現在では、中国を拠点にして、インドネシアやベルギー、アメリカ、ブラジルなどへ製品を輸出しており、今後ますます増える予定です。近年では、インドに事務所を開設し、アメリカでの工場・事務所開設も視野に入れています。
今後は世界各国に製造拠点を設け、グローバル販売網を構築して世界の需要に応えていきたいと考えてます。このため、雇用の多様化にも着実に応え、さらには、国籍、民族、年齢、性別を越えた、活躍の場を設けていきます。

*現所属社員国籍:日本、中国、スリランカ、インドネシア、フィリピン
社風 水登社では、やる気のある社員にはどんどんチャンスが与えられます。年齢や経歴も一切関係ありません。20代、30代の若手社員にも責任ある仕事が任され、現在実際に第一線で活躍しています。
専門知識がない方も心配ご無用!入社後じっくりと現場で経験を積んでモノづくりの基礎を学んでいただき、一人前の技術者として育成します。

また、ゴルフサークルやバスケサークル、社内イベントなどもあり、他部門の社員との交流の場もたくさんあります。風通しがよく、どんなことでも気軽に相談できるところも当社の魅力です。
事業内容 建設機械用油圧配管の製作
各種建設機械部品・装置の組立
重電プラント配管の製作
各種プラント装置の組立
各種機械・装置設計及び製作管理
プラント配管設計及び製作管理
各種油圧装置設計及び製作管理
発電設備用循環水管設計及び製作管理
海水管設計及び製作管理
水道用各種配管設計及び製作管理
水管橋設計及び製作管理
本社所在地

〒651-2241

兵庫県神戸市西区室谷2丁目1-2

TEL : 078-996-9300    FAX : 078-996-9307

大きな地図で見る

事業所 本社/兵庫県神戸市西区室谷2丁目1-2
神戸工場/兵庫県神戸市西区室谷2丁目1-2
神戸第2工場/兵庫県神戸市西区室谷1丁目5-2
二見工場/兵庫県加古郡播磨町東新島14
稲美工場/兵庫県加古郡稲美町印南中場719-1
明石工場/兵庫県明石市大久保町江井ヶ島蟹池1635
明石物流センター/兵庫県明石市魚住町清水1035-1
設立 1951年4月1日(創業:1938年1月13日)
代表者 代表取締役 平井 良治
資本金 9,950万円
売上高 43億円(2016年度実績)
従業員数 215名
平均年齢 39歳
主な取引先 キャタピラー・ジャパン合同会社
Caterpillar .Inc
Catapila Brasil Ltda
三菱重工業株式会社
三菱重工メカトロシステムズ株式会社
三菱日立パワーシステムズ株式会社
三菱重工メカトロシステムズ株式会社
株式会社神戸製鋼所
コベルコ建機株式会社
株式会社神鋼環境ソリューション
株式会社東芝
三菱電機株式会社
三菱電機エンジニアリング
株式会社クボタ
川崎重工業株式会社
ダイキン工業株式会社
古河ロックドリル株式会社
日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社
株式会社モリタ
沿革
1938年1月
神戸市長田区神楽町にて平井工作所創業、三菱重工業株式会社神戸造船所協力工場となる
1951年4月
合資会社水登社を設立、平井登を代表社員とする
1963年6月
生産量の増大により明石市大久保町に第一工場を新設し、神戸市長田区菅原通り及び兵庫区三川口町の2工場を統合
1972年11月
第一工場の拡張及び同敷地内に事務所を新設し、本社所在地を明石市大久保町江井ヶ島字蟹池1635に移転
1974年3月
明石市大久保町八木字城ヶ谷に八木工場を新設
1980年3月
兵庫県加西市に加西工場を新設
1982年5月
明石市大久保町八木字盤若田に第二工場を新設
1982年10月
合資会社水登社の営業権を引継ぎ株式会社水登社とする
1988年1月
第一工場敷地内に設計部門を分離し株式会社水登エンジニアリングとする
1990年1月
兵庫県加古郡播磨町東新島14に二見工場を新設し、第一工場の主力部門および八木工場を統合、第一工場は明石工場に名称変更する
1995年9月
株式会社水登エンジニアリングの名称を変更し、株式会社セック(SEC)とする
1996年12月
本社工場西隣に工場を増設し、第二工場を統合
1997年3月
株式会社水登社の資本金を2,000万円に増資
1998年3月
ISO9002取得
2002年5月
日本水道協会検査工場の資格を取得
2002年10月
ISO9001:2000に切替完了
2003年9月
中国無錫市に無錫水登機械有限公司を操業開始
2005年5月
無錫水登機械有限公司を増資
2005年5月
無錫工場の第二期拡張工事完了
2006年5月
株式会社水登社の資本金を8,000万円に増資
2006年6月
株式会社セックの資本金を2,000万円に増資
2006年7月
兵庫県加古郡稲美町に稲美工場を新設
2006年7月
無錫水登機械有限公司を増資
2007年10月
兵庫県明石市に明石物流センターを新設
2008年7月
神戸市西区ハイテクパークに神戸工場を新設
2009年3月
無錫工場の第三期拡張工事完了
2009年4月
本社機能を神戸工場へ移転
2009年6月
株式会社SECの資本金を5,000万円に増資
2010年2月
ISO9001:2008に切替完了
2010年8月
ISO14001:2004取得
2011年4月
新物流センターを既存の明石物流センターに併設
2011年10月
水登液圧管件(常州)有限公司(STC)の操業開始
2011年12月
無錫水登機械有限公司敷地内で、無錫水登液圧開発設計有限公司を操業開始
2012年12月
株式会社水登社の資本金を9,950万円に増資
2013年12月
インド事務所設立
2014年1月
神戸第2工場操業開始

明るく開放的なオフィス。各部署が1つの部屋に集まっているため、部署間の連携・コミュニケーションも非常にスムーズです。

バスケサークルでの1枚。20代・30代の若手社員の要望でこのサークルが誕生。プライベートでも親睦を深めています。入社されたら、ぜひ皆さんも私たちとサークル活動しましょう!

問い合わせ先 株式会社水登社

神戸市西区室谷2-1-2
TEL:078-996-9300
採用担当:伊藤 敦
E-Mail recruit@suitousha.com
交通機関 神戸市営地下鉄西神・山手線 西神南駅から市営バスにて約10分

興味を持ったらすぐにアクション!

インターンシップ情報
ホームページリンク ホームページはこちら!

このページのトップへ▲