お知らせ

サワダ精密株式会社(大手製造メーカーの不可欠パートナー)

業種:メーカー(機械) / メーカー(プラント・エンジニアリング) / メーカー(電子・電気・OA機器) / メーカー(自動車・輸送用機器)

資本金:4,250万円売上高:11億円(平成27年10月期)従業員数:68名(平成28年3月現在)
  • 理系歓迎
  • 最終更新日:2017/05/29

興味を持ったらすぐにアクション!

ホームページリンク ホームページはこちら

あいつが乗ってるあの高級車も、俺たちがいなきゃ、作れないんだぜ。

若手社員「今度の新製品には、この特殊素材を使うことで、競合他社には真似が
     できない仕上がりになります!」
技術部長「うん、確かにすごいんやけど、そんなんできんの?」
若手社員「サワダ精密さんに頼めばなんとかなると思います」
技術部長「確かにサワダさんならできるかもな。じゃぁやってみよう!」
ある大手メーカーの新製品開発会議のワンシーン。
私たちは、金属加工のプロフェッショナル。競合他社では、決してできない難しい加工もガンガンこなします。上記の大手メーカーの会議のように、日本を代表するメーカーが私たちの技術を頼りに新製品を開発しています。ものづくり国家日本を陰で支えているのが、私たちサワダ精密。プライド持ってます。

俺たちがものづくり国家日本を支えている。サワダプライドを胸に。

“サワダ精密”。この社名に恥じないキメ細かい技術が自慢。

経営理念 一.顧客の立場を念頭に我々の技術とサービスを積極的に提供し、顧客の満足と会社の発展を図ります

二.業務を通じて、人間的成長を基軸に生活の安定、将来の夢を託せる企業を目指します

三.モノ作りは人間の原点である。その体験から生まれる誇りと喜びを共有するプロ集団を目指します
将来ビジョン 22年後第50期に売上高50億円、社員200名、営業利益率20%達成!
ただ会社を拡大するのでは面白くない。利益率(お客様満足の結果)を上げながら会社を拡大させます。その過程には知恵を出して考え出したカイゼン案をスピーディに実行し、昨日のサワダ精密を超え続ける社員の存在があるんです!!
私たちは次の50年企業に向けて、社員にとって、お客様にとって、外注先様や業界、地域にとって、「なくてはならない企業」を目指します。
将来ビジョンの具体例 将来ビジョンの具体的な内容です。根拠はなく「志」だけですが、私たちが本気でなりたい姿です。実現の第一歩は志を持つこと。道が出来ればまっすぐ歩めばいい。そして私たちは志を信じて日々実行しています。

・社員は定時で退社するも、朝出勤すると機械は自動で動いている。リードタイムは短く、それを支えるのは知識を兼ね揃えたプログラミング部隊。ものづくりが楽しくて仕方がない模様。

・生産技術部隊のカイゼン力が凄まじい。工作機械メーカーや刃物メーカーを巻き込んだプロのコミュニティを誕生させ、プロのカイゼンが常に進歩発展し実践されている。

・ものづくりの源流を押さえているエンジニアリング事業部。今やサワダ精密の柱となっている。高収益体制を根底から支えるこの開発部門は、技術力と知識力で他社の追随を 許さない。得意分野で生まれた自社商品は製造部門で製造され、エンジニアリング事業 部が製造部の主要顧客のひとつとなっている。

・ものづくり企業としてブランド化された今、欧米との取引も活発だ。語学力とサワダマインドを兼ね備えた間接部門はサクサク事務処理をこなしている。

・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の行き届いた社内は全国各地から見学者が絶えな 
い。TVやマスコミの取材が殺到。地元でも人気の企業になっている。

・完全週休2日制で社員はプライベート時間を有効活用。社員同士のスポーツ活動は盛り上がり、体育館は予約の奪い合い。社員はみんな健康体。

・地元での清掃活動、地域イベントで存在感を発揮している。本業による納税や雇用においても地域から充てにされる存在に。各社員は居住地域や家庭でもキーマンとして引っ張りだこの大活躍。
事業内容 金属加工業(切削、研削、放電)、各種自動機、試験装置、検査装置の設計製作
本社所在地

〒671-1154

兵庫県姫路市広畑区吾妻町1丁目39

TEL : 079-239-2225    FAX : 079-239-4448

大きな地図で見る

事業所 101工場・エンジニアリング事業部
〒671-1154
兵庫県姫路市広畑区吾妻町1丁目38番地


G工場・ナノ工場
〒671-1154
兵庫県姫路市広畑区吾妻町1丁目35番地

大町工場
〒671-1155  
兵庫県姫路市広畑区大町3丁目58番地1
設立 昭和63年11月(創業/昭和59年4月)
代表者 代表取締役社長 澤田 洋明
資本金 4,250万円
売上高 11億円(平成27年10月期)
業績推移 9億円(平成26年10月期)
従業員数 68名(平成28年3月現在)
平均年齢 33歳
主な取引先 三菱電機(株)姫路製作所/三菱日立パワーシステムズ(株)/三菱重工業(株)高砂製作所/(株)デービー精工/旭硝子(株)高砂製作所/三ツ星ベルト(株)/グローリー(株)/ニッケ機械製作所/三菱重工業(株)長崎造船所/三菱重工業(株)神戸造船所/三菱重工業(株)広島製作所/三菱重工業(株)高砂研究所 /国立研究開発法人理化学研究所 /ウシオ電機(株)/大和軌道製造(株)
沿革
1984(昭和59年)
独立開業、機械1台、年中無休で営業
1988(昭和63年)
サワダ精密株式会社として設立。資本金500万円
蒲田工場へ移転
1989(平成元年)
三菱電機(株)と取引開始
1990(平成2年)
デービー精工(株)口座開設
1994(平成6年)
三菱電機(株)口座開設
1995(平成7年)
姫路市広畑区吾妻町に工場新築移転。1,000万円に増資
自社開発(油とりっ子)を発売
姫路市新製品開発等100万円の奨励補助金を受給
1996(平成8年)
資本金2,000万円に増資
1997(平成9年)
売上前年度比170%
社屋増築
経営計画発表会開催
1998(平成10年)
設計部新設
1999(平成11年)
グローリー(株)口座開設
2000(平成12年)
三菱重工業
(株)高砂製作所口座開設
2001(平成13年)
旭硝子(株)高砂工場口座開設
機械設計者、三菱電機へ2名出向
モールド金型設計、製作開始
小林功治、取締役工場長に昇進
2002(平成14年)
製造部のグループ活動開始
2003(平成15年)
パナソニックデバイスSUNX竜野(株)口座開設
姫路ケーブルテレビ取材、放映
ひょうご経営革新賞にチャレンジし、受賞する
2004(平成16年)
大阪中小企業投資育成(株)より資本参加を受け、資本金4,250万円となる
2005(平成17年)
第二工場建築(成形研磨・放電加工、3D加工)スタート
2006(平成18年)
三ツ星ベルト(株)口座開設
関西IT活用企業百撰にチャレンジし、優秀賞を受賞する
花田勉、取締役製造部長に昇進
2007(平成19年)
姫菱テクニカ(株)口座開設
第二工場増築
タービンブレード、スーパーフィニッシュ加工開始
産業用パウダークラッチ部品製造開始
2009(平成21年)
小林功治、常務取締役に昇進
花田勉、取締役工場長に昇進
澤田洋明、取締役に就任
2010(平成22年)
(株)ダイセル、ウシオ電機(株)、ショーワグローブ(株)口座開設
新生産方式「ヨネスカシステム」開始
2011(平成23年)
パナソニック液晶ディスプレイ(株)、国立研究開発法人理化学研究所 口座開設
電機設計開始、クラッチ自動溶接機製作、バリ切りロボット化
ISO9001認証の取得
2012(平成24年)
三菱重工業(株)神戸造船所、三菱重工業(株)長崎造船所 口座開設
姫路市広畑区大町に大町工場増設
設計部門を大町工場に移転・拡充し、エンジニアリング事業部を発足
澤田洋明、常務取締役に昇進
三菱重工業(株)広島製作所 口座開設
2013(平成25年)
澤田洋明、代表取締役社長に就任
澤田脩一、取締役会長に就任
2015(平成27年)
三菱日立パワーシステムズ(株)日立工場と口座開設
毎日カイゼン! 私たちは毎日、昨日より今日、何かひとつでもカイゼンできることは無いか、毎日考えながら仕事をしています。
そして月1回、日々のカイゼン活動の成果を共有し合うカイゼン委員会を実施。各部署から委員会メンバーが数名集まって、自分たちの現場で効果のあった改善案を、改善カードに書き提出します。提出された改善カードを全社員で共有し、カイゼンの評価に応じて報奨金を渡しています。その結果、部署の垣根を超えて情報が共有され、相乗効果を生み出し、会社全体がレベルアップします。
その他、定期的にカイゼンキャンペーンなども企画しています。

昨日より今日カイゼンできることは無いか。気付いたことは社内みんなで共有。

社員同士で切磋琢磨して、お互いを高め合っています。

問い合わせ先 TEL:079-239-2225
担当/高桑
E-Mail saiyo@swdpre.co.jp
交通機関 山陽電鉄「広畑」駅徒歩5分

興味を持ったらすぐにアクション!

ホームページリンク ホームページはこちら

このページのトップへ▲