三菱電機コントロールパネル株式会社 西神事業所

業種:メーカー(プラント・エンジニアリング) / 電力・ガス・エネルギー / メーカー(電子・電気・OA機器)

資本金:3.9億円売上高:約120億円(2018年度計画)従業員数:約500名
  • 理系歓迎
  • 総合職
  • 最終更新日:2018/05/11

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 個別説明会開催
ホームページリンク ホームページはこちら!

人から感謝されない仕事です。

私たちは「電気を使う」「電車に乗る」といった、当たり前の生活を送るために欠かせない電力の安定供給を支える配電盤や保護継電器などの保護・制御製品を作っている会社です。

日常の当たり前を支えるのが私たちの仕事です。当たり前を支えると聞いて、あなたはどう思いますか?あなたは今日も、きっと電気を使ったでしょう。それに感謝しましたか?当たり前すぎてわざわざ感謝なんてしないですよね。

そう、当たり前を支えるということは、人から感謝される仕事ではないんです。それでも誰かがやらないといけない仕事です。じゃあ、やりましょう、私たちが。「俺がいないと暮らしが成り立たない」「私の技術が日本を支えている」。私たちはこんな使命感を胸に抱え、日々仕事に励んでいます。この使命感こそが、他の仕事では決して味わうことができない大きなヤリガイだったりするんです。

こんな働き方に共感できる方、私たちと一緒にこの国の当たり前の暮らしを支えませんか。

「私たちが社会インフラを支える」という使命感を一人ひとりが抱え、力を合わせて良いものを生み出そうという風土の会社です。

自分が設計したものが目の前で製品となり、これにより当たり前の生活を支える。技術者としてこの上ない環境がココにはあります。

電気を止めない立役者 発電所で作られた電気は、送電線を経て職場や家庭に届きます。しかし電気が届くまでの道のりには、実は様々な危険が潜んでいるんです。雨や風、雷、鳥の接触、最近ではドローンによる接触事故などもあり、これらのトラブルは全国で年間約12,000件も発生しています。それでも当たり前に生活できているのは、MELPACの製品があるからこそ。MELPACが手掛ける「保護リレーシステム」は、事故が発生するといち早く問題個所を検知し、その部分を切り離し被害を最小限に抑えます。いわば社会インフラを守る“大きなブレーカー”の役割を果たしています。
安定経営 三菱電機グループ100%出資というのはもちろんですが、弊社の手掛ける社会インフラ事業は景気の影響を受けにくいため、経営が安定しています。腰を据えて人々の安全安心を第一に考えたモノづくりができる環境です。
3つの特長 ■完成品の供給メーカー
私たちは、保護継電器などのユニット(部品)の製造だけでなく、配電盤や制御盤などの完成品を製造し、エンドユーザーに供給する完成品の供給メーカーです。

■自社工場での一貫生産体制
設計部門のすぐ隣にある製造工場で、設計から製造、品質試験、販売にいたるまで、モノづくりのすべての工程を行う一貫生産体制があります。自分が設計したモノが作られていく過程を見守ることができる、モノづくりの醍醐味を味わえる環境です。

■オーダーメイド品と大量生産品。両方の設計・製造技術を保有
顧客の仕様に合わせて設計・製造するオーダーメイド品、特定の機能を持った製品を量産する大量生産品。一般的に、どちらかの製造技術を持つ会社は多いと思いますが、両方の製造技術を持つ会社は比較的少ないのではないでしょうか。私たちは、相反する2つの技術を活かし、他社に真似できない付加価値の高いモノづくりをしています。
企業理念 Control for the Bright.

電力および社会インフラ事業を支えるメーカー企業として誇りを持ち、
未来を輝かせることに対して真摯に向き合う姿勢を大切にしていきます。
常に先端技術を研究・活用し、お客様のニーズに応えていくモノづくりを実践。
社員が一丸となることで総合的な力を高めていき、
人にとって明るく暮らしやすい社会の実現を目指します。
行動宣言(3つのC) Challenge!
社員がお互いの能力を尊重し、
柔軟な発想を持つことで、
社会に新たな価値を生む製品を創造しよう。

Catch!
お客様のニーズを的確に捉え、
独自のシーズを活かした製品を提供することで
永続的な信頼を築いていこう。

Create!
社会を発展させるために、
常に新たな技術を吸収し、創意工夫に努めて
自分の可能性へ挑んでいこう。
事業内容 電力・交通などの社会インフラ分野や工場、ビルなどの産業分野で使用される保護・制御製品の設計・製造・試験・販売を行っています。


■電力分野
エンドユーザーは電力会社。
電力系統と関連する電気設備の事故発生時に問題個所を検知して切り離し、被害の拡大を防ぐ役割を担う系統保護盤や変電所監視制御盤、保護・制御ユニット等を顧客の仕様に合わせオーダーメイドで製造しています。

■交通分野
エンドユーザーはJRや私鉄各社など。
電鉄の受電設備や饋電線(きでんせん)などの電気設備の事故発生時に、問題個所を検知して切り離し、被害の拡大を防ぐ役割を担う配電盤や変電所用指令操作卓等を顧客の仕様に合わせオーダーメイドで製造しています。

■産業分野
主に工場やビルなど高圧受配電システムに用いる量産品の保護継電器(過電流などの電気事故発生時に動作し、被害の拡大を防ぐ役割を担うもの)を製造しています。
事業所 ■西神事業所
兵庫県神戸市西区高塚台1-5-8

■西神事業所 駐在事務所
兵庫県神戸市兵庫区和田崎町1-1-2
(三菱電機株式会社神戸製作所内)
設立 三菱電機コントロールパネル株式会社はメルココントロールパネルアンドコンポーネント株式会社と同じ三菱電機グループであるメルコ・コントロール・プロダクツ株式会社と平成30年4月1日に合併しました。
代表者 代表取締役社長 長澤 宏
資本金 3.9億円
売上高 約120億円(2018年度計画)
従業員数 約500名
沿革
1970年5月
三菱電機(株)が、阪神機器(株)に資本参加
1970年9月
阪神機器(株)にてメカ形の継電器の生産開始
1989年4月
阪神機器(株)にて電力、交通市場向け保護盤、制御盤の生産開始
2011年1月
阪神機器(株)から継電器及び制御盤の事業譲渡を受け、三菱電機グループ100%出資の新会社として営業開始
2018年4月
三菱電機コントロールパネル株式会社(MELCP)は前身のメルココントロールパネルアンドコンポーネント株式会社と同じ三菱電機グループであるメルコ・コントロール・プロダクツ株式会社と平成30年4月1日に合併し、新たな出発をすることになりました。
備考 2018年4月1日より「三菱電機コントロールパネル株式会社」に社名変更

技術者が集まる当社ですが、コミュニケーションの活発さは転職者も驚くほど。良い製品を生み出すには社員の意思疎通が大切です。

高い技術とノウハウを持ったベテラン技術者が多数在籍していることも当社の強み。若手への技術継承も大切にしています。

問い合わせ先 TEL:078-992-2214 採用担当:梶原
兵庫県神戸市西区高塚台1-5-8


E-Mail Melcp.SeishinSaiyo@ns.MitsubishiElectric.co.jp
交通機関 神戸市営地下鉄「西神中央」駅徒歩25分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 個別説明会開催
ホームページリンク ホームページはこちら!
MELCP(三菱電機100%グループ会社)にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
大手SIerに負けないソリューションを武器に、いざ、上場へ。
昭和から平成、そして次の世代へ。代々受け継がれる昭和住宅のお客様。
720枚。この数字なんだか分かりますか?
長年培ってきた『信頼』 + 一歩先いく『新鮮さ』でモノづくりを支え続けて77年!!

このページのトップへ▲