植垣米菓株式会社(“鶯ボール”でお馴染みの食品メーカー)

業種:メーカー(食品)

資本金:1,000万円 売上高:12億9,000万円(平成29年8月期) 従業員数:91名(平成29年12月時点) 正社員34名 パート57名 
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2018/02/26

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク 植垣米菓ホームページ

あられで、社会貢献。

笑われようが、私たちは本気です。

私たちは、鶯ボールやひなあられ、丹波黒豆おかきなどを製造販売する、お菓子メーカーです。

私たちが作るお菓子は、お米が主原料です。
今、そのお米が海外からどんどん安い価格で輸入されています。
しかし、どれだけ安くても、私たちはそれに手を出さず、国産にこだわります。
もちろん、製造原価は多少高くなります。それでも、私たちが国産にこだわるのは、日本、特に兵庫県の農家を強くしたい、食料自給率を高めたい、そんな想いがあるからです。

また、賞味期限がいくら短くなっても、私たちは添加物は使いません。なぜなら私たちは、お菓子作りはお金儲けのためではなく、個人の安全・安心、そして子々孫々の健康と地球の未来を守るためにやっているからです。

たかが、あられ。

と思われるかもしれません。

でも、明治40年の創業から、この想いを持ち続けた結果、今では、健康意識の高いアメリカやカナダ、オーストラリア、ドイツ、スペイン、フランス、オランダなどでは、私たちのあられが、ヘルシーな朝食として、日常的に愛され、家庭の食卓に並んでいるんです。

生産者も消費者も、みんなが幸せ。

そんな社会を“あられ”で実現したいと想っています。

1930年に発売し、88年続くロングセラー商品であり、植垣米菓の看板商品“鶯ボール”。

社長の植垣(左)、採用担当の伊賀(右)です。就職活動を通して素敵な学生さんとの出会いがあることを楽しみにしています!

人の口に入るものはすべてセイフティー&ヘルシー 創業以来「本物の材料を使い、まごころで焼く」をモットーに植垣米菓では原料と水にこだわっています。
マイナスイオン水を使用したり、製造する有機米菓は原料が全てJAS有機の認定のとれたもので作るなど、本当の美味しさを目指しております。また、作品の安全を確保する衛生管理の手法、HACCP(ハサップ)の承認を受けました。本物の美味しさでカラダにやさしい自然の味をお届けします。
チーム・ウエガキ 当社では、2ヶ月に1度、社員全員が参加する経営計画会議を行っています。
社長が直々にビジョンや考え方、今後の戦略、方針を伝えます。
これにより社員全員が同じ方向を向き、一致団結して働いています。
事業内容 米菓の製造・販売
本社所在地

〒675-0103

兵庫県加古川市平岡町高畑520-10

TEL : 079-424-5445    

大きな地図で見る

事業所 加古川本部工場 加古川市平岡町高畑520-10
設立 1960年(昭和35年)2月1日
代表者 代表取締役 植垣清貴
資本金 1,000万円
売上高 12億9,000万円(平成29年8月期)
従業員数 91名(平成29年12月時点) 正社員34名 パート57名
平均年齢 41.3歳

一つ一つ手作業で梱包作業をしています。“まごころ”です。

出来たての米菓はこんな様子です。ぜひ一度会社説明会にお越しください。

問い合わせ先 加古川市平岡町高畑520-10
TEL 079-424-5445
採用担当/伊賀
交通機関 JR「東加古川」駅徒歩20分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク 植垣米菓ホームページ
植垣米菓(鶯ボール)にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
「ひょうごオンリーワン企業」や「グッドカンパニー大賞」を受賞。特許技術「グラファイトヒーター」は当社の自慢です!
機械の回転運動を支える軸受鋼で、国内トップの特殊鋼メーカーです。
創業130年の総合商社。 「明るく元気で、活気のある会社にしよう」が全社員の合言葉 !
日本で一番高い高層ビルも、駅前のあのショッピング施設も正光が関わっている。

このページのトップへ▲