埴渕鉄工株式会社(70年続く安定メーカー)

業種:メーカー(鉄鋼・金属・鉱業)

資本金:3,000万円 売上高:8億4,200万円(2016年度実績) 経常利益:3,100万円(2016年度実績) 従業員数:60名 
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2018/10/15

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 【送迎対応!】会社説明会開催
ホームページリンク 自社HP

70年続く安定成長メーカーで、チャレンジしたい人を募集します。

埴渕鉄工は、建設機械部品やボイラー部品などの産業機器を70年にわたり作り続けている会社です。
コベルコ建機のクレーン部品、三菱重工業・川崎重工業の火力発電所プラント用のボイラー部品、三菱重工業の原子力発電所の配管などの製造を担っています。
設立依頼、取引先や事業内容は大きく変わっておらず、今も安定成長を続けています。その理由は、機械やロボットで自動化できない部品を、職人の手作業で製作していること。さらに、溶接技術やパイプ曲げ技術が高く評価されていることにあります。細部にこだわる技術力と、納期に間に合わせる生産能力の高さを維持する努力を積み重ね、取引先からの信頼を得ています。

今後はこれまで培った高い技術力を向上させ、大手企業ではできないモノづくりを深めたいと考えています。そのためにも新しいことに積極的に取り組んでいます。チャレンジ精神旺盛な方、ぜひご応募ください。

若手が活躍する和気あいあいとした職場です!

自慢の高い技術力の源は、手作業で一つひとつ丁寧に仕上げるところにあります。

企業理念 ・ 私たちは優秀な技術による産業機器の製造を通して社会に貢献します。
・ 私たちは常にものづくり力を向上させ、お客様に安心と満足を提供します。
・ 私たちは「日に新た」を合言葉に、互いに尊重し共に学び、共に成長できる組織を目指して挑戦し続けます。
事業内容 火力発電用ボイラーチューブ製品、原子力配管加工及び高張力鋼鋼管を用いた建設用移動式クレーンブームなどを製造 ※チューブの三次元精密曲げ加工及び組立、溶接技術(SUS鋼・CrMo鋼等のTIG溶接)に長年の実績があり、各種の工場認定、施工認可を取得し、品質管理体制では高い信頼をいただいています。※瀬戸内海に面しており、海上輸送に適しています
本社所在地

〒674-0093

兵庫県明石市二見町南二見10番地6

TEL : 078-943-0007    FAX : 078-943-8821

大きな地図で見る

事業所 兵庫県明石市二見町南二見10-6
設立 1949年 ※創業 1946年
代表者 代表取締役 樽本 康紀
資本金 3,000万円
売上高 8億4,200万円(2016年度実績)
経常利益 3,100万円(2016年度実績)
業績推移 9億5,000万円(2015年度)
8億4,000万円(2014年度)
従業員数 60名
平均年齢 38才
平均勤続年数 13年

工場内で生産管理者との打ち合わせ風景は、よく見かける光景です。いつでもどこでもリアルタイムで打ち合わせがおこなわれます。

自分よりも大きなモノが当社の製品です。やりがいもまた大きいですよ!

問い合わせ先 埴渕鉄工株式会社
採用担当 横山
E-Mail yokoyama@hanibuchi.co.jp
交通機関 《電車でお越しの方》
最寄り駅
山陽電車:東二見駅 徒歩:20分 タクシー:10分
JR:土山駅 タクシー:15分

《車でお越しの方》
第2神明道路
明石西I.C. から15分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 【送迎対応!】会社説明会開催
ホームページリンク 自社HP
埴渕鉄工にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
“ものづくり”の技術的な課題解決を支援する技術集団
巨大な建設機械や産業用ロボットを動かす。大手から厚く信頼される油圧機器メーカーです。
製造業の概念を根底から覆すイノベーションを実現する、世界最先端のものづくり企業へ。
創業130年の総合商社。 「明るく元気で、活気のある会社にしよう」が全社員の合言葉 !

このページのトップへ▲